有効なライン「水平線」の引き方

有効なライン「水平線」の引き方

473 views
0

ライントレードですがネットやTwitter等でみるラインはトレンドラインやチャネルラインが多いですよね!?

有効な水平線の引き方があまり説明されてないような気がします。

 

なので今回は初心者の方や水平線をあまり引かない方でも超簡単に引けて、

有効な水平線の引き方をまとめてみましたので活用してもらえると嬉しいです!

 

はじめに注意点

では早速本題に入っていくのですが一つ問題がっ!!

 

この手法にはTrading Viewでの可視範囲出来高というインジケーターを使用します。

 

ご使用にはTrading Viewのアカウントと有料プランに登録が必要となります。
一番安いproプランで大丈夫なのでコストは月々1000円ぐらいですのでこれからトレードする方は登録しててもいいかなと思います(^^)/

 

新規登録はこちらから

 

 

有料プランへアップグレードはこちらから
(ここから登録すると30ドルもらえるみたいです)

 

 

いやいや俺は私はMT4派だよって方、Trading Viewでチャート見るだけに毎月お金払いたくないよって方!

 

MT4の活用方法があります!!

 

MT4には可視範囲出来高のインジケーターがないですよね。少しお待ちを!!
この手法公開紹介するにあたってMT4版の可視範囲出来高インジケーターを作成しております(^^)/
MT4での可視範囲出来高の表示に成功しました!!すごいでしょ!

 

こちらのインジケーターは現在調整中なので後日有料になりますが紹介しますね。

 

あの至れり尽くせりのTrading Viewさんでさえ有料プランでの限定インジになってるのでこれ無料で公開すると大きな力に潰されそうなので(笑)
毎月月額払うことも無く一回きりに購入でずっと使えます!
手法は同じですのでMT4派の方も良かったら読み進んで頂けると嬉しいです!

 

 

MT4版(開発途中画像)

 

 

Trading View版

 

 

ここからはTrading Viewで説明していきますね。

 

水平線について

 

水平線ってチャートに引く横のラインですね(^^)/

 

では横軸は何かというとチャートの価格です!
水平線とは価格にラインを引いてるという事を認識しましょう!

 

そしてよくある水平線の例としてはチャートの目立つ天井や底や髭や実体にラインをガムシャラに引いてます。
こんな感じですね!(ポン円日足)

 

 

 

 

こんな感じで引いてブレイクしたら追いかけて次の水平線が抵抗になるので利確。水平線を引けば引くほど抵抗が増えて最後にはどうしたらいいかわからなくなりませんか?
どの水平線が強くてどの水平線が弱いのか!?

 

これが大事です(^^)/

 

なので今回は強い水平線だけを引く方法を教えます!

 

そうすることで強い水平線ブレイクでエントリーすれば次の強い水平線までしっかりトレードすることもできます!!
そこで勇者が強い水平線を見分ける方法に可視範囲出来高というインジケーターを使います!

 

可視範囲出来高って何?

 

簡単に言うと横の出来高です!!

 

色んなチャート見ると上のチャート画面の下部のように出来高が表示されてますよね?
これはそのローソク足の中での取引量が表示されています。

 

1時間足なら1時間の出来高、5分なら5分の出来高ですね。
もちろん出来高が大きいほどローソク足が大きく動いたりしますよね(^^)/
これが一般的な縦の出来高です!

今回の可視範囲出来高は横の出来高をみます。
横の出来高が大きい場所は大量に取引された価格になります。

 

例えば大口の注文が入った場所や多くの人がロスカットした場所などですね。
勇者はそこを水平線として活用します(^^)/



 

可視範囲出来高を表示してみよう

 

では可視範囲出来高を表示してみますね。
すこし前の所ですがポン円チャートの週足で表示してみます。

 

 

デフォルトではこんな感じで表示されます。

 

横のバーが長いほどこの表示されているチャート内で出来高が大きい所です。
そして赤ラインが出来高が一番大きいラインです!!

 

設定ではPOCという名称で色は赤色で表示されています。

 

これを水平線に使います(^^)/

 

けどちょっと見づらいしどう使うかわからないですよね?
ここから使い方と設定値を教えます。

 

可視範囲出来高の設定値

 

上のデフォルトでは少し見えづらいので勇者が使用している設定値を紹介します。

 

変更点は出来高のバーが太すぎるので実際のエントリーに使用するには細かくしていきます。
そしてこの出来高はチャートが移っている画面のすべての出来高を表示します。

 

なのでチャートが進む右側に出来高表示されると邪魔です。
この2点を変更します。

 

可視範囲出来高の設定をクリック!

 

 

①入力のところのライン規定値を120に!

 

 

 

②スタイルの配置を左に!

 

 

 

 

 

するとこんな感じで表示されます!!
赤いライン見てください!これだけでもいい感じですよね(*^-^*)

 

次は実際の使い方に行きましょう!

 

勇者の水平線手法

 

実際の流れに沿って説明していきますね。

 

まずは画面をトレンドの始点から終点に合わせます。
終点はリアルタイムでは正確にはもちろんわかりませんので天井や底の候補の所に合わせてください。

 

こういう上昇トレンドですね。

 

するとこの上昇トレンド内で一番出来高が大きいラインが1本の水平線として可視化されます(^^)
画面を移動すると出来高ラインはズレるのでそこに水平線を上から引きます!

 

こんな感じで上から黄色で引いてみました。

 

 

ではこの上昇トレンドの終点候補が本当に終点になのかの判断です。
この後のチャートを始点を変えずに少しずつずらしていきます。

 

終点予想したところから落ちていますね。

 

天井圏での三尊を描き始めているので期待はできますがここではまだ判断できません。

 

もう少しずらします。
すると画面内の一番大きい出来高のラインが変化します。

 

上に赤のラインが出現しましたね!!
これまでの上昇の出来高ラインを上回った証拠です(^^)/

 

ここにも水平線を引きます!
これで強い水平線が二つ引けました!!

 

二つの水平線の間を狙う準備ができました。
上のラインを割ったら下の水平線までショートです!!

 

 

こんな感じでばっちり決まりますね!!

 

今回はポンド円週足チャートをモデルにしてますので3742pipsというえげつない数字とショート期間約5ヶ月という形になってますが。
すべての時間足で再現可能ですのでご自分の時間足で活用してみてください。

 

勇者のオススメはこのうように週足で方向性を決めて日足、4時間足、1時間足と時間足を落として同じく出来高水平線を引いてショート一本でこまめに取りながら最終的に大きな時間足の底まで取り続ける感じです。

 

この強い水平線を見つけれたらかなりの確率で水平線の間のpipsを抜くことができます。

 



そして面白いのはここからです。

 

下の水平線は前回の大きな上昇トレンドの一番強い水平線です。
ここを割るといよいよトレンド転換です。

 

割れたらショートぶち込みます!!
少しずらすと新しい出来高ラインが出現!!

 

ここで急激に売りが入ります。
ここではまだ入れずに下の水平線割れるの確認ですね。

 

 

この売りで上昇トレンドの水平線も割れれば奈落です!

 

 

じゃーん!!割れたらさらにえぐい下落きました!!

 

この場合は下にラインが無いので利確は前回の上昇トレンドの始点か上昇トレンドに転換するまではガチホするかですね(^^)/
この時点で完全勝利ですね!

 

ここからはまたやる事同じです。

 

 

今回の上昇トレンドの始点と終点候補を画面に表示。
週足では画面伸ばしきれなかったので日足チャートに変更。

 

この下降トレンドの出来高ラインの上に水平線を引きます。
先ほどと上昇と下降が変わっただけですね。

 

 

では少しずつずらしてもう一つの水平線が出るの待ちましょう。

 

 

いやーやっとでてきました!!
底候補を設定して待つこと約9ヶ月(笑)

 

 

ではこの水平線の間を狙っていきましょう!
ブレイクしたらロング入れます。
次から週足チャートに戻します。

 

 

先ほどの水平線を引いてはや半年がたちますがなかなかブレイクしてくれません。

すると下にもう1本出来高ラインが出現しました!

 

 

値幅だいぶ小さいですがとりあえずこの水平線の間を狙っていきますか…

 

 

やっときました!!2年越しww1500pipsほどとれました!!
手前はきたと思ったら戻されましたw

 

 

おっ!さらに本命の水平線もブレイクしてきました!!
次の水平線までいくのか211.9!

 

 

ここで新たな出来高ライン出現!!上昇も最高潮に!
もう一段上がってきました!

 

 

もう一本ラインがでてきたぞ!
なんか前回の天井みたいな雰囲気。見覚えあるな。。。
割れそうだぞ。。。

 

 

ぎゃー!!届かず割ってきたー!!
割ってきたらここでロング利確してショート!

 

これまでの出来高ラインの間を抜いていくだけです(^^)
すぐに目線を変えましょう。

 

 

下落後一番下のラインをタッチで全利確。
そのあとも後も水平線に沿って動いていることが分かりますね。
そして現在のチャートにいきつきます。
長い道のりでした。

 

 

ここまでは過去チャート。ここからが本番ですね(^^)/

 

現在132.42の出来高ラインを突破しております。
時間はかかるかもですし、ここから下落もありますがが今現在の出来高ライン145.37もしくは149.0にタッチにタッチしにくる未来が予測できますね。
最近勇者には触りにくるラインがうっすらみえてきました。

 

この手法を1分足や5分足でやればスキャになりますし週足でやればこのように気が遠くなるぐらいのスイングになります!
まあスイングしながらデイトレもスキャもやってみてください。

 

必ず法則が見えてきます。

 

 

相場は価格の推移がチャートとして現れます。
価格に引く水平線が効かないわけがありません!

 

 

今回は少しふざけて書いてみましたが勇者はいつも皆さんのトレードという名の冒険を応援しています。

 

 

新しい水平線という武器をもってこれからの冒険が明るくなることを祈ってます(^^)

Your email address will not be published. Required fields are marked *